10分でわかるブログ関連の作業を外注化するメリットと注意点No.6

前回の記事で早速、ConoHa Wing(コノハウィング)仲間が増えました!

17人の方がSSL化までで完了したとのことで、紹介して良かったと思います。

ワードプレスを勧めるベテランは大勢いますが、実践者が少ないのは初心者が取り組みやすいサーバーがなかったから。

なんですよね・・・

私も難しくてSIRIUSを使って、エックスサーバーやロリポで妥協して運営していましたから。

 
にぽり
あの時代にほしかった!

それより、このカテゴリーの記事も今日で最後です!

これからブログで副業を始める方やアフィリエイトで失敗したくない方へ。

私は役に立てていますか?最後は外注について書きます

ブログ外注時のメリットと注意点

ブログ作業を外注化したいと考えている方もたくさんいるでしょう。

外注をうまく活用しながらブログを運営すれば手間なく収益化できますからね。

このブログも全ての記事を私、にぽりが書いているわけではございませんよ(笑)

ただ、外注は決して簡単ではなく外注先を選び間違えると大損します・・・。

この記事では、外注化のメリットやデメリット、注意点を解説していきます。

これから外注も検討している方は無駄遣いをしないよう最後まで、お読みください。

ブログ外注ってなに?

ブログの外注とは、運営に必要な作業を外部に委託することを指します。

初心者様は「自分のブログに関する作業は、すべて自分で行うべきだ」と思っているかもしれません。

私は、そのように考える方が個人的に好きですが、違うと思います。

自分でなくてもできる作業は任せて、自分にしかできない仕事に集中する。

これが正解でしょう?

社員と一緒に汗を流す社長は良い人だけど、経営者には向いてないわけです。

集客用の記事は誰が書いてもよいのだから、外注を上手に活用するべきです。

そして、あなたにしかできない(やるべき)仕事をするほうが効率的です。

外注できる作業とは?

では、外注できるブログ作業と、あなたがやるべき作業を見ていきましょう。

運営業務全般

ブログ運営をすべて外注化することも可能です。

ワードプレスを設置して!
ブログに記事を投稿して!
その記事に画像を入れて!
確定申告の仕方を教えて!

しかし、あなたがやるべきことをやれば、その外注効果は大きくなります。

たとえば画像なら、どんなイメージか?設置したワードプレスを最大限に生かすサーバーはどれか?など。

そして最も代表的な外注は、記事作成でしょう。

経験豊富なプロライターに外注できれば、自分では書けないような質の高い記事が手に入ります。

ブログで稼ぐなら「どれだけ質の高い記事を増やすか?」も勝負なのですから。

たしかに外注化には費用がかかりますが、外注した方が良い場合もあるので依頼先を見極めることが重要なのです。

記事の作成

記事の外注といっても「このブログに集客するための記事を書いてください」

といった漠然とした依頼の仕方だと、役に立たない記事が納品されるでしょう。

外注するにも「キーワード選定」や「記事の構成」は、あなたがやるべき作業です。

「こんなキーワード、タイトルと見出しの記事を書いて?」と依頼するほうがライターも理解しやすいです。

また、どんな商品やサービスに誘導するのか?と目的もライターに伝えておけば、なお良いでしょう。

こういう準備をしないと、文字数を稼ぐために余分な言い回しが多かったり、内容もつまらない記事を納品されてしまいます。

結局、修正に時間もかかり資金も無駄になるわけです。

外注する時の注意点

ブログ作業の外注化は、上手くすれば作業の生産性や効率を向上できます。

ただ、外注するときの注意点もいくつかあるので、頭に入れておいてください。

ある程度ノウハウを身に着けてから行う

先ほどの記事作成の場合、ラクしたいという理由で外注する人もいます。

が、そのような考えで外注してしまうと、先ほどの話通り大損するでしょう。

自分にノウハウがなく要望や指示を伝えることができないということです。

逆に知識を身に着けておけば、ライターとの打ち合わせもスムーズになります。

★キーワード選定やブログに必要な記事構成は、全てこれ1本で学べます(↓)

資金管理を徹底する

作業を外注するなら資金管理を徹底しましょう。

具体的には、

・どれくらいブログ収益が上がって、どれくらい外注に回せるのか?

・その外注費用は、どれくらいで元が取れそうか?

それらは知識がないと予想も立てられないでしょう。

資金管理を疎かにすると、知らず知らずのうちに支出が膨らんでしまいます。

そうなると、回収するまで予想外に時間がかかりますよ。

予算を決めておく

作業を外注する場合は、予算を決めておきましょう。

予算を決めておけば「予想以上の外注費用が発生した」というトラブルを防げます。

また、予算を決めておけば、予算内で外注できる記事数を把握できるので計画的な運営ができます。

経営者の感覚を養える

外注化は、人を雇うということと同じです。

ブログ作業を外注することで、経営者としての感覚を鍛えることができます。

どうすれば・・・

・わかりやすく指示できるか?
・気持ちよく働いてくれるか?

そのうち依頼しなくてもこの外注先はダメだ、逆にここは良さそうだ…。

という見極めもできるようになってきます。

ライターはどこで探す?

最後に、質の高いライターの探し方を解説します。

クラウドサービスを利用

ブログ運営作業を外注化している方の多くは、大手クラウドソーシングサービスを活用しています。

クラウドソーシングサービスでは、クラウドワークスやランサーズが有名です。

ライターさんだけで10万人以上いるので、自分に合ったライターを探しやすいです。

SNS

SNSでウェブライターを募集することもできます。

具体的には、

「#ライター募集」

というタグをつけて投稿すればライターとコンタクトが取れるようになります。

ただ・・・SNSで取引をする場合、個人間契約となり、料金の支払いなども直接、行う必要があります。

かなりリスキーですよね…。

ココナラ

外注ライターを見つけたいと思っている方は手っ取り早く見つかるでしょう。

ココナラはクラウドワークスやランサーズと似たサービスですが、ライターの探し方が大きく違います。

クラウドワークスやランサーズは、依頼者側が募集分を作成し、ライターが応募するという形式です。

応募してくれたライターの中から契約するライターを選ぶことになります。

一方、ココナラの場合は、依頼を受ける側がサービスを作成して出品します。

依頼者は多数のサービスの中から気に入ったサービスを選ぶことができるのです。

記事だけでなくブログに必要なイラストや画像のデザインもプロに任せられます

また、ココナラだと評価システムがあるので、自分より先に依頼した人の評価や感想を見ることができます。

自分に合ったサービスやライターを見つけやすいという特徴があります。

と、今日は外注の話をしましたが「経験がないし、いいライターが見つかるか不安」という方もいるでしょう。

困ったら私に「ブログ見たよ」と、お声掛けください。

私も依頼しているライターさんを紹介します(↓)

まとめ

ブログ運営に必要な作業は、全て外注化できます。

外注を上手く活用すれば、自分でなくて良い作業は任せて、自分にしかできない作業に集中できます。

自分の手間を省きながら収益化を目指せるため、ほぼ不労所得あるいは完全なる不労所得となります。

ただし、ブログの外注化にはいくつか注意点があります。

これらを意識せずに外注化を始めても資金を失うだけになってしまうでしょう。

それを防ぐには、自分も知識を身に着け、より具体的な依頼の仕方をします。

質の高いライターをしっかりと見極めた上で依頼していくようにしましょう。

ウェブライターは、ココナラなどを使って探せます。

よりラクに、より稼ぐためには生産性の高い記事をブログに増やしましょう。

最後に・・・

ネットで稼ぐには、知らない人に文字で共感してもらったり価値観を変えてもらうことが必須です。

ブログに正しく書かれた記事を増やせば増やすほど、収入も増えていきます。

やるべきことが明確で、やっただけ成果を得られます。

努力が報われる数少ない副業ということです。

あなたがブログに興味を持ったのは大正解です!

私、にぽりも10年以上、仕事は朝ドラから朝ドラの再放送までのネット生活者です。

十分、生活費に不自由しませんよアフィリエイトでも案件によっては1件1万円を超えるものもありますから。

そもそも文字でモノを売るスキルは一度、身に付ければ他でも役に立ちます。

そんな自分への投資には裏切りがありませんよね? 

最後に収入以外の美味しいところをまとめます

・SNSなど他のビジネスも円滑に進められる。

・何度、書き直してもOKなので良くなる一方。

・一度作れば24時間、代わりに働いてくれる。

たしかにコロナ禍で売上が下がったジャンルもあれば、逆に「おうち時間」が増えたことで売り上げが伸びたジャンルもあります。

リスクヘッジにより、Googleや社会の変化にも影響されないということです。

さぁ、
私と一緒に始めまませんか?

この無料ブログでは話せない高度な運営スキル(↓)

このカテゴリーも最後となります。お読みいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!