ココナラ出品テクニック!最速ランクアップの方法:05

ココナラ販売に必要な差別化の例

前回、こんな話をしましたランクアップする人の特徴。

↓この部分です。
①1つでもヒット商品を持つ
②少し売れる商品を複数持つ
③ココナラでの売り方を知る

当たり前なことですが、まず①を目指すのが近道です。

ヒット商品ということはライバルと差別化しています。

出品するカテゴリーの中で他より自分から購入してもらえる『何か』をお持ちな方。

そもそも差別化がなければランクの違いもありません。

差別化要素をつくろう

差別化は難しくないです。

権威性が無くても商品説明文が魅力的であったり、バナーが印象的だったり。

タイトルやキャッチコピーで、引き金単語を使うだけでも差別化です。

引き金単語とは

引き金単語とは、読む人の注意をひきつける「より強い言葉」のことです。

その言葉により関心が高められ脳は活性化されますが言葉の弾さえあれば誰でも使えます。

文章の中で、どんな言葉をチョイスするか?

<引き金単語例>

新しい→最新
取られる→奪われる

お金持ちになりたくありません?より、億万長者になりたくありません?

今の会社で働き続けるのですか?より、この先も奴隷でホントに良いの?

といった感じです。

売れている広告を見てグッときた言葉を集めておけば自分が書く時の参考にできます。

出品本文を書く実践例

本文は1000文字書けます。

勿論、埋めたほうが良いけど、書くことに慣れていないと難しいし面倒でしょう。

しかし、文字制限あるからこそ書くことに早く慣れます。

最初は法則を使いましょう。

記事を書く法則はたくさんあるけど、今日は『パソナの法則』で実際、書いてみます。

パソナの法則には
旧と新があります。

<旧パソナの法則>

Problem(問題):問題点を明確化する
Agitation(扇動):問題点を煽り立てる
Solution(解決策):解決策を示す
Narrowdown(絞込):対象客や期間を限定する
Action(行動):行動を呼びかける

<新パソナの法則>

Problem(問題):問題を明確にする
Affinity(親近感):読者に寄り添います
Solution(解決策):解決策出す
Offer(提案):読者のためになるように提案する
Narrowingdown(絞込):条件を挙げて絞り込み
Action(行動):行動を後押しする

個々に使っても新旧の要素を混ぜても良いです。※無理に全て使わなくて良いです。

■Problem(問題):問題点を明確化する
■Affinity(親近感):読者に寄り添います
■Solution(解決策):解決策を示す
■Offer(提案):読者のためになるように提案する
■Narrowdown(絞込):対象客や期間を限定する
■Agitation(扇動):問題点を煽り立てる
■Action(行動):行動を呼びかける

※記事内容によって問題と親近感は逆でも良いでしょう。

実際、書いてみますね。

https://coconala.com/services/1641026

■Problem(問題):問題点を明確化する

あなたもご存じの通り、
ココナラで売れるには
出品案内文は重要です。

たった2行、出品文を変えるだけで
売上が一ケタ変わることもあります。

でも何度も書き直しても成果が出ない…。
「いったい売れている人と何が違うの?」

あなたもそう悩んでいませんか?

■Affinity(親近感):読者に寄り添います

はじめまして、にぽりと申します。

せっかく、良い商品なのに
売れないのは悲しいですね。

私も最初は売れずに苦しみました。

1分140円で電話相談をしたり、
情報商材を7万円分も買ったり、
よく騙された経験もあります…。

丁寧な対応を心がけているし、
サービス内容にも自信がある。
なのに売れないから悔しい!

でも、気付いたのです。
学んだことをそのまま当てはめてもダメだと。

それは、なぜか?
『ココナラ向きな売り方があるから』です。

そしてなぜ、私は騙されたのか?
ライティング=出品文の書き方です

ゴミのような商品やサービスでも
魔法のような文章で化粧をすれば、
私みたいな人を惹きつけるのです。

■Solution(解決策):解決策を示す

【ご安心ください】

商品やサービスを欲しがらせるため、
どーしても必要な文章が3つあります。

8割の出品者さんは、
その文章を知りません。

まだ、知らないのだから無理もありません。

その文章を知る私に丸投げしてみませんか?

あなたのサービスを必要とする人は
想像をはるかに超えるほどいます。

逆にあなたのサービスと出会えずに
他から購入して後悔する人もいます。

あなたは、そんな人を見て
悔しくありませんか?

■Offer(提案):読者のためになるように提案する

【ランクが上がれば…。】

あなたも同じ価格の似た商品があれば、
より高ランクの人から購入しますよね?

ランクが上がれば
売り上げも伸びて、
またランクが上がる。

収入が増える
スパイラルに乗れます。

「正式な納品前に売れた」と、
嬉しい声も頂いています(画像3)

■Narrowdown(絞込):対象客や期間を限定する

【とくにオススメした方】

それはブロンズの方です。
諦めるのが勿体ないので。

ブロンズとなる条件は
販売件数10件以上。

つまり、確かな実績をお持ちです。

10人に求められた商品なら
100人にも認められるので
本来もっと売れるべきです。

■Agitation(扇動):問題点を煽り立てる

【でも、お急ぎください】

逆に、あなたのライバルを
誕生させるサービスなので

⚠1テーマ1名様限定⚠

■Action(行動):行動を呼びかける

まずは
ダイレクトメッセージから、
気軽に話しかけてください。

いかがでしょうか。

この商品文は、この説明のために書いたので基本的に受付休止にしています。

でも「どうしても」とDMをいただいたら対応しています。

https://coconala.com/services/1641026

パソナ、ヤバいでしょ?

はじめは「そんなに書けない」と思うかもしれませんが、だいじょうぶ。

項目ごとに少しずつ最後まで一通り書いて、後から文字数を増やしていくと、そのうち1000文字超えます。

そこから調整で足したり引いたり書き直したりしていると、表現も上手くなります


当ブログでもライティング講座のカテゴリーもあります。

PDF教材と電話サービスはどっちが良いのか?

前回、ココナラでの情報販売には、PDF教材と電話サービスがあるとお話ししました。

どちらが良いのでしょう。

「字を読むのが面倒」な人も
「人と話すのが苦手」な人も

どちらもお客様になってくれるよう窓口を広げましょう。

ココナラでは有料オプションを設定できます。

たとえば
電話サービスのオプションでPDF商品を販売したり、
PDF商品のオプションでメールサポートを設定します。

※他商品へのリンクを貼るより目立って意識されます。

オプションにする材料がなくてもサポートなら誰でもできますよね。

それも自分にしかできないことをオプションにできれば差別化です。

プロスペクト理論

プラチナランクになって商品が、売れ始めると仕事量が増えて大変です。

そこで多くのプラチナランク者は売り上げを下げずに売買を減らそうと値上げします。

これがプラチナランクの商品が比較的、高額な理由です。

「値上げしても売れるの?」と思うけど売れます。

もちろん適正価格はありますが人は「得をしたいより損したくない」と思うものです。

ランクシステムは厄介だけど勝てば官軍です。

ココナラも自社評判は大事なのでこのランク制度は、続くでしょう。

ただし!私は今のココナラのシステムでは良い人が残れないので不満です。

ということで

私の個人的なココナラへの不満と出品すれば遭遇しがちなトラブルについて書いてみます。

当ブログがココナラ中心にしない理由もご理解いただけるでしょう
ココナラ出品でよくあるトラブルと低評価の避け方:06

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG