株式投資で失敗する人の特徴って何?失敗を避けるための考え方

株式投資で失敗する人の特徴って何

株式投資で失敗する人の特徴って何?失敗を避けるための考え方も紹介!
株式投資に挑戦してみたいと考えている人はたくさんいるでしょう。
ネットニュースなどで、
「株式投資で〇万円儲かりました!」
「株式投資でFIREしました!」
というような記事を見ると、挑戦したくなってしまいますよね。

しかし、株式投資は決して簡単な投資ではなく、成功する人もいれば、失敗してしまう人もいるのです。

今回は、株式投資で失敗する人にはどのような特徴があるのか、ということについて詳しく解説していきます。

株式投資で失敗する人の特徴

では早速、株式投資で失敗する人の特徴について、詳しく見ていきましょう。

目的がない

目的を決めずに株式投資をする人は、失敗しやすい傾向にあります。
目的がないということは、
・どれくらい稼ぎたいのか
・株式投資をしてどんなメリットを得たいのか
などを具体的にイメージすることができません。

そうなると、
「稼ぎたい」
このようなざっくりした欲望だけが独り歩きすることになり、意味も分からない銘柄に投資をしてしまったり、高配当株と言われている銘柄を適当に選んで投資してしまったりするのです。

ギャンブルになっている

株式投資をギャンブルとして捉えてしまっている人は意外とたくさんいます。
自分では投資をしているつもりでも、知らないうちにギャンブルトレードになってしまっている人が多いのです。
例えば、
「もう少しで上がるはずだから、損失を確定せずに待ってみよう」
「さっきまで大きく下がっていたから、もうすぐ上がるだろうな」
「一発逆転できないかな」
こう考えている人は、間違いなくギャンブルトレードになってしまっています。

このような考え方で投資をすると、大やけどに繋がりますので注意しましょう。

資金管理が曖昧

投資で勝つためには、資金管理を徹底する必要があります。
・自分の合計資金はどれくらい?
・自分が許容できる損失はどれくらい?
このようなことを常にイメージできる状態を作っておかないと、知らず知らずのうちに損失を膨らませてしまうことになるのです。

マイルールが出来上がっていない

株式投資には、正解がありません。
そのため、自分の中でルール(正解)を作り、その通りに投資を行っていかなければなりません。
マイルールを無視した投資をしてしまうと、投資手法が定まらず、利益を出しにくくなってしまうのです。

一攫千金を狙っている

株式投資に限らず、投資全般で言えることなのですが、一攫千金を狙っている人はほとんどの確率で失敗します。
時には大胆に挑戦することも大切なのですが、基本的には冷静かつ慎重に投資をしていかなければならないのです。

投資スタイルを確立できていない

投資で利益を上げるためには、「自分のスタイル」を確立させなければなりません。
株式投資やFXには、
・スキャルピングトレード
・デイトレード
・スイングトレード
・長期トレード
という4つの投資スタイルがあるのですが、それぞれで特徴やメリット、デメリットが異なります。

自分に合ったスタイルをできるだけ早い段階で見極めて、そのスタイルを極めることが、株式投資で利益を出すための近道と言えるのです。

情報信者になっている

株式投資で利益を出すためには、様々な所から情報をかき集め、その情報を基に投資判断をしていかなければなりません。
しかし、全ての情報が正しいわけではなく、中にはガセ情報なども混ざっているため、自分の中で使える情報と使えない情報を取捨選択していくことが大切なのです。

また、投資初心者の中には人から聞いた話を鵜呑みにしてしまう人がいます。
「あの株儲かるらしいよ」
「この株を買っておけば間違いないらしいよ」
このような話を聞いて、迷わずその銘柄を買ってしまった経験はないでしょうか?

株式投資というのは、何が起こっても自己責任ですので、人からの情報を鵜呑みにするのはやめましょう。

メンタルがブレる

投資で安定した利益を上げている人、専業投資家として活動している人は、例外なくメンタルが強いです。
投資をしていると、大きな損失を抱えてしまうことや、大金を投資するべきタイミングが必ず来ます。

この時に、
「損をしたらどうしよう・・・」
「こんなに損失を出すなんて、自分に投資は向いていないのか・・・」
と考えてしまうと、冷静な判断ができなくなり、更に大きな損失を抱えることになってしまうのです。

リスクを分散できていない

「卵は1つの籠に盛るな」
というのが、投資の世界におけるセオリーです。
つまり、1つの銘柄に集中投資するのではなく、様々な銘柄に分散投資をしろということです。

そうすることで、仮に1つの銘柄が値下がりしても、その他の銘柄で損失をカバーできるため、効率的に利益を上げやすくなります。

損切りをしない

損切りをしない投資家は比較的たくさんいます。
断言してしまいますが、損切りができない投資家は、長期的にみると必ず負けます。
投資の世界では、
・100%
・確実
・必ず
・絶対
という言葉が存在せず、どれだけ丁寧に分析して投資を行ったとしても、予想と反する動きを見せることがあるのです。

このような時にすぐ損切りをすることができなければ、どんどん損失が膨らんでしまうことになり、後戻りできない状態になってしまうでしょう。

よく知らない商品に投資している

投資の神様「ウォーレンバフェット」は、自分の知らない企業や商品には絶対に投資しません。
その理由は非常にシンプルで、「よくわからないから」だそうです。

一見当たり前の話に聞こえますが、自分の知らない企業の株を「儲かりそうだから」という理由で勝ってしまっている初心者はかなりたくさんいます。
これでは正しい投資タイミングを把握することもできませんし、損切りのタイミングを見計らうこともできなくなってしまいますので、最初のうちは自分の知っている銘柄のみに絞って投資対象を判断していきましょう。

投資での失敗を避けるための考え方とは?

最後に、投資での失敗を避けるための考え方について、詳しく解説していきます。

投資商品を徹底的にリサーチする

株式投資で利益を出すためには、対象銘柄を徹底的にリサーチすることが大切です。
株式投資の仕組みを正しく理解できている人ならわかると思いますが、高騰する銘柄には高騰する理由が必ずあります。

投資したいと考えている銘柄を徹底的にリサーチして、
「これなら上がりそうだ」
「この株は長期保有しても大丈夫そうだな」
と判断できた段階で、購入に進むことが大切です。

身の丈に合った投資方法を考える

株式投資で大きな利益を掴むためには、ある程度まとまった元手が必要です。
しかし、初心者がいきなり高額資金を投入して投資を行うのはあまりにもリスクが大きすぎます。

そのため、自分の知識量や用意できる資金量に応じた、身の丈に合った投資方法を実践していかなければなりません。

どうしても調子が悪い時は「一時撤退」

「最近思い通りに収益が上がらない」
「何をやってもうまくいかない」
このような悩みを抱えている初心者投資家はたくさんいるでしょう。

このような場合は、原因を正しく解明して、自分の考え方や投資手法を見直していかなければなりません。
ただ、あまりにも自分を追い詰めてしまうと、投資に対してネガティブな感情を持ってしまうようになりますので、
「もう限界だ」
と思ったのであれば、一時的に株式投資をお休みしてみてください。

時には立ち止まること、後ろを振り返ることも大切ですので、あまり自分を追い詰めず、コツコツ投資スキルを磨いていきましょう。

成功者から指導してもらう

投資での失敗を避けるためには、成功している投資家から指導してもらうことも大切です。
成功している投資家は、これまでの投資人生の中で多くの失敗を経験しています。
そのような人から、投資における重要な考え方や、初心者がやりがちな失敗、失敗をした時の対処法などを教えてもらうことで、初歩的な失敗を未然に防げるようになるのです。

身近に株式投資の成功者がいないという場合は、ココナラというサービスを使って自分に合うメンターを見つけてみましょう。

ココナラでは、様々な人が自分のスキルをサービスとして販売していて、
「株式投資における判断材料の見つけ方」
「シンプルトレードのノウハウ」
というサービスを販売している株式投資上級者もたくさんいるのです。

ココナラへの登録は完全無料ですので、興味がある人は是非登録してみてください。



まとめ

株式投資は誰でも成功できるほど甘くありません。
今回紹介した特徴に1つでも当てはまってしまった人は、今の状態で挑戦しても失敗する可能性が高いため、
・正しい考え方
・正しいメンタルの構築法
を身に着けるところから始めてみましょう。

株式投資での大失敗を避けるためには、既に株式投資で成功している人からアドバイスをもらいながら挑戦することが大切です。
ココナラを使えば、簡単に株式投資のメンターを見つけることができますので、気になる人は登録してみてください。

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!