出品経験からのご注意

ココナラで月に10万円稼ぐ

 

ココナラは無料で出品できます。そして売れた場合のみ販売手数料が発生します。
気軽に出品できるのですが出品者と購入者間にトラブルが発生することもあります。

 

あくまで私なら、このように対応するという例ですが参考にしてください。

 

出品者が遭遇する4つのトラブルと回避方法

 

1、購入者と連絡が取れない

 

 

購入されたものの購入者から何の連絡も応答もない場合や、
やり取りが途絶えて購入者と連絡が取れなくなった場合。

 

これは商品の納品前か納品後なのかで対処法が異なります。

 

【納品前なら】
返事を5日間、お待ちしても購入者から連絡がない場合は、

 

このようなメールを送ります。

 

「申し訳ありませんが、お日にちが経過しているため
〇月〇日までに連絡がない場合はキャンセルさせていただきます」

 

と、一言を入れて期日まで返事がなければキャンセルします。

 

【納品後なら】
納品後に購入者と連絡が取れなくなってしまった場合は、
「正式な回答」と呼ばれる最終的な返答を行うことで
トークルームが3日後に閉鎖されても報酬は支払ってもらえます。

 

しかし、この方法はトラブルに発展してしまう恐れもあるため、
商品を納品した際、こんな一言を添えておくと良いでしょう。

 

「検収は〇日以内にお願いいたします。
〇日経過した場合はこちらで正式な回答をさせていただきます」

 

 

 

2、購入をキャンセルしたい

購入者が間違って商品を購入した場合など
納品前のキャンセルは出品者側で処理できます。
(トークルーム:メッセージ入力欄の右上から)

 

※事前に購入者にキャンセルする旨を伝えてから処理しましょう。

 

問題は納品後にキャンセル依頼をされた場合です。
納品した後のキャンセルなんて常識的に通りません。

 

商品案内の購入にあたってのお願いに「キャンセル不可」と
書いているのにキャンセルを迫られた場合・・・。

 

低い評価をつけられるよりはとキャンセルに応じるのは簡単ですが、
理不尽な理由でキャンセル率を増やされては堪りませんよね。

 

私なら、このようなメッセージを送ります。
「納品後のキャンセルとなるため取引自体を白紙に戻すよう事務局に申し出てください」

 

納品後にキャンセルと言える根性の人に説教したところで聞きやしません。
すみやかにブロックしてさようならです。

 

3、納品後に大幅な修正を依頼された

納品した後、大幅な修正依頼をされることもあるかもしれません。
「先に言ってよ!」ってパターンです。(これ、案外ありますよね)

 

例えば、こんなケース。
イラスト作成の場合「イメージと違うので最初から描き直してほしい」、
記事作成の場合「記事中で使うキーワードを変えて書き直してほしい」

 

私なら・・・

 

「 ○○の修正に関してですが、修正ではなく新規制作に近い案件となります。
なので、費用としては新規制作で△円の対応となります。
ですが、2案まとめて納品させていただく形で良ければ□円で対応とさせて頂きます。」

 

と、ダメなことはダメとハッキリ伝えつつ妥協案を出して歩み寄る形です。

 

で、ご納得いただけない場合は案件自体キャンセル処理をしていただくよう購入者に依頼します。

 

この場合も出品ページの「購入にあたってのお願い」で納品時の修正について伝えておくことでトラブルを防ぐことができます。

 

低い評価を防ぐトークルーム例

低い評価はある程度、トークルームの使い方で防ぐことができます。

 

といっても大袈裟なことではなく納品と正式な回答の間にクローズ確認を入れるだけです。
つまり納品とともに正式な回答をしたり、納品したらすぐに正式な回答をしないということです。

 

クローズ確認メール例

 

お世話になっております。
にぽりでございます。

 

先日、お届けした商品は無事、ダウンロードいただけたでしょうか?
特に問題なければ、明日辺りに正式な回答とさせていただきます。
何か問題があれば、お気軽におっしゃってくださいね。
よろしくお願いいたします。

 

そして翌日・・・

 

◯◯さま
では、これで納品とさせていただき3日後にはクローズされます。しかし商品は、このトークルームから閲覧できますのでご安心ください。

 

また、いつでも気軽にダイレクトメッセージをいただければと思います。この度は当サービスをご利用いただき、ありがとうございました。

 

もし、私がそのうえで低い評価をつけられたら・・・

 

「完了まで期間を設けているので、ご不満があればおっしゃってもらいたかったです。」
「どの辺りが不満だったか?今後の向上のためぜひ、お教えください?」

 

と、ダイレクトメッセージします。

 

そして私が納得する回答が得られない場合は事務局に取引の取り消しを申し出てもらいます。

 

幸い私には、そこまでした経験はありません(笑)。

 

でも、こんな経験ならありましたよ。

 

出品して体験:ホッとした話

上記のような対応をしたことは、まだ私にはありませんが誤って★一つと入力された経験はあります。

 

彼はすごく真面目な方で誤入力であることを自分から言ってくれました。

 

「昨日、評価入力の際★1つで評価してしまい大変申し訳ありませんでした。
理由については誤入力によるもので、サービスについての不満などは一切ありません。
入力後間違いに気づいて、慌てて運営の方に★1を★5に修正依頼を出しました・・・。」

ワザワザ言わずに済ませることもできるのに嬉しいではありませんか。
修正やキャンセルは購入者と出品者の合意しなければ運営は対応できません。

 

だから連絡をくれたわけです。

 

結局その時は【返信コメント】を含む一括削除という形で事務処理していただきました。。

 

いくらで売ればいいの?

 

あなたが出品するカテゴリーで最低販売価格からスタートして、
評価実績をつけつつ相場まで値上げしていくのが無難でしょう。

 

たとえば、毎日1品売れる1000円の商品なら、
3000円に値上げしても3日に1つは売れます。
手間が減るので時間も得をします。

 

2日に1品売れる割合なら3000円には値しない評価実績ということです。
少し極端な感じですが、そのように値上げした限界がMY相場と思います

 

わたしは情報教材の場合、上限を5000円としています。
(1万円の価値はあると自負しておりますが(笑))

 

作業を伴う商品の場合は自給1200円で計算しています。

 

まとめ

 

今回は、無理やり出品者が遭遇しそうなトラブルについて書きました。
でもココナラで出品していてトラブルって、そう出くわすものではないです。

 

また、大抵のトラブルは購入者と出品者の話し合いで解決します。
が、どうしても解決しない場合は運営に問い合わせることも可能ですから安心してください。

 

ココナラは経験上、出品者のトラブルより購入者が出くわすトラブルの方が多いですから、
出品者は守るより攻めることを考えないと損ですよ。

 

と、偉そうに語ってきましたがサイト内では、言えない話もございます
『 プラチナ養成書 』是非!ご覧ください。

このページの先頭へ戻る