株式投資は副業か?禁止されない理由と差のつく始め方

今日は、株式投資は副業に該当するのか?稼げる?この疑問を追求します。

まずは、株式投資を解説

企業が、商品やサービスを提供するには人件費など資金が必要ですよね。

そこで、企業は投資を募り、集めた資金で、より良い商品やサービスを提供することができます。

それが株式会社です。

投資者は、株式会社から出資の証明に株式が発行され株主となります。

株式会社は、利益の一部を株主に配当金や優待で還元して株主は所有株式を売ることもできます。

株を売買いしたい人(投資家)の注文は、証券会社を通して証券取引所でマッチングされます

そうやって安く買って高く売ることで利益を得るのが株式投資です。

 

 
にぽり
現在ではSBI証券などネット証券が主流です

株式投資は副業に該当せず取り組めます

株式投資と聞くと難しそうなイメージですが、解説するのでご安心ください。

何事も「はじめが肝心」なので、最後まで読んでもらえると嬉しいです。

株式投資は副業禁止の会社でも可能

まず、株式投資は副業禁止の会社で副業になる?→副業に該当しません。

就業規則に明確に「投資」が禁じられていない限り、投資は資産運用なので副業にはなりません。

副業を禁止する企業でも売買によって収入を得ることは、労働に該当しません。

副業が厳しく制限される公務員さんにも株式投資をしている人がいるほどです。

ただし、ご注意です。

業種や部署によっては株式投資が禁止されていることもあります。

例えば、金融系の業種で働く人の取引はタブーです。

業務で得た知識や情報を使って投資をすれば、インサイダー取引となり金融商品取引法にひっかかります。

社内で問題なくても法律では、罰せられるので金融系の人は注意してください。

また、金融系の方でなくても、企業独自の就労規則で「株式投資を禁止する」企業もあるので、事前に確認しておくようにしましょう。

株式投資を副業にするメリット

株式投資の副業には、様々なメリットがあります。

今日は、本業で仕事をしているからこそ体感できるメリットを2つ紹介します。

①本業が忙しくても取引できる

株式投資の流れが掴めるようになると、数分の隙間時間に取引ができます。

通勤時間や休憩時間でも可能なので、帰宅してからパソコン画面をチェックし続ける必要もありません。

投資ならスマホやパソコンで自動的に売買することもできるので、本業が忙くても副業になります。

さらに、この後話しますが株式投資なら他の投資系より継続作業が少ないことも副業向きなのです。

②株主優待サービスが受けられる

株式投資のメリットとして見逃せないのが、株主優待サービスが受けられる点。

その株式会社に関連するサービスが得られます。

株式を保有しているだけで優待されるので、売買のタイミングを待つ間もメリットがあるわけです。

では、そんな株式投資を学ぶには、どうするか?

効率よく株式投資を学ぶ

まず、株式投資の勉強に本は、おすすめしません。

それは、株式投資を学ぶ場合、『本』で学ぶメリットが通用しないからです。

本で何かを学ぶメリット

・簡単に読み返せる
・付箋やメモができる
・成功者の体験を知れる
・バイブルにできる

しかし、株式投資のノウハウは進化しているので「去年、流行った攻略法が今年は使い物にならない」

といったことはザラにあるため、常に最新の情報に対応する必要があります。

また、たくさんの本を読むには時間がかかりるし同じ内容でも著者によって主張が違うので悩みます。

では、何を頼りにすればいい?と、なりますよね。

効率よく勉強するには…

株式投資の上級者や成功者から直接、指導やアドバイスを受けることです。

手っ取り早く、簡単にリアルな最新ノウハウや注意点を知れるのですから。

大きな失敗を回避して資産を増やしやすくなります。

「身近に株式投資で成功した人なんかいないよ!」という方も多いでしょう。

でしたら「ココナラ」というクラウドサービスを是非、利用してみてください。

ココナラには、安くサービスを提供する投資のプロがゴロゴロ登録していますよ?

良い投資家は初心者を育てることを投資のライバルが増えるとは考えません。

投資家が増えれば相場が底上げされるのですから。

そんな投資のプロから直接、サポートを受けながらスキルを高めるのが効率がいいに決まっています。

ココナラへの登録は完全無料なので是非、登録だけでもしておいてくださいね。

 

続いて初心者様が、早々に挫折しないためのご注意も申し上げておきます。

初心者様の挫折原因

株式投資に挑戦する初心者様によくある挫折原因がこれ。

目的がない

どれくらい稼ぐ予定で投資計画をたてられるか?

計画がないから高配当株と言われる銘柄に適当な投資をしてしまうわけです。

ギャンブルになっている

株式投資をギャンブルとして捉えてしまっている人は意外とたくさんいます。

自分では投資をしているつもりでも、気付いたらギャンブルトレードになってしまっているわけです。

例えば、

「もうすぐ上がるから損失を確定せず待とう」

「下がり傾向だから、もうすぐ上がるだろう」

「あぁ一発逆転できるチャンスがこないかな」

ね?もはや、ギャンブルの考え方です。

資金管理が曖昧

投資で勝つには、徹底したよくわからないをしてください。

・資金はどれくらい?

・許容できる損失は?

これらを常にイメージしておかないと、知らず知らずのうちにマイナスを膨らませてしまいます。

マイルールがない

株式投資には、正解がないため自分のルール(正解)を持っておきましょう。

そして、その通りに投資を行うことをお勧めします。

マイルールを無視すると投資手法が定まらず利益を出しにくくなります。

一攫千金を狙っている

株式投資では、初心者でなくても一攫千金を狙うと高確率で失敗します。

時には大胆な挑戦も必要ですが、基本的には冷静なかつ慎重な自分の投資スタイルを持っておきましょう。

投資で利益を上げるためには「自分のスタイル」を確立させることが大切です。

株式投資やFXには、

・スキャルピング
・デイトレード
・スイングトレード
・長期トレード

の4つの投資スタイルがあり、それぞれ特徴やメリットは違います。

自分に合ったスタイルを早く見つけることが株式投資で利益を出す近道です。

情報信者になっている

株式投資で利益を出すには、様々な情報を正しく判断する必要があります。

全ての情報が正しいわけではなく、ガセ情報も混ざっているため自分で情報を選択しなければなりません。

知らない人から聞いた話を信じないでください。

「あの株は儲かるよ」
「この株なら大丈夫」

そんな、知らない人の話を聞いて迷わず買った銘柄で損をすれば、悔しさだけでなく惨めになります。

株式投資は、何が起こっても自己責任なので、メンター以外の情報を鵜呑みにするのはやめましょう。

メンタルがブレる

投資で利益を上げている人や株で生活している人は、メンタルが強いです。

投資をしていると、大きな損失を抱えてしまうことや大金を投資するべきタイミングが必ず来ます。

そんな時、「損をしたらどうしよう…」と考えると冷静な判断ができません。

それでは大きな損失を抱えることになるでしょう。

リスクを分散できていない

よく言われる投資のセオリーに「卵は1つの籠に盛るな」というのがあります。

これは1つの銘柄に集中投資せず、様々な銘柄に分散投資をしろという意味。

すると仮に1つの銘柄が値下がりしても他の銘柄で損失をカバーできるので利益を上げやすくなります。

ようはリスクヘッジです。

損切りをしない

損切りをしない投資家は比較的たくさんいます。

損切りとは、損失を抱える状態で、保有する株式等を売却して現時点で損失分を確定させること。

断言してしまいますが、損切りができない投資家は長期的にみると負けます。

株式に限らず投資の世界では・100%・確実・必ず・絶対は、存在しません。

どれだけ丁寧に分析しても、予想と反する動きを見せることがよくあります。

そんな時、損切りをする勇気ある判断ができないと、どんどん損失が膨らんでしまうかもしれません。

「気付いたら後戻りできない状態になってしまった!」これが怖いのです。

知らない商品に投資する

投資の神様「ウォーレンバフェット」は、自分の知らない企業には、絶対に投資しないと言います。

その理由は、「よくわからないから」だそうです。

一見、当たり前の話ですが知らない企業の株を「儲かりそうだから」という理由で買う初心者様もいます。

それでは正しい投資ができず損切りのタイミングも判断できないでしょう。

最初のうちは知っている銘柄にのみ投資しましょう。

失敗を避ける考え方?

そんな上記の失敗をしない対策も紹介しておきます。

しかし、ぶっちゃけ何事もある程度、自分に知識があれば問題ないことです。

「備えあれば患いなし」メンターを探すのもお話もスムーズになるわけです。

ネットで調べながら投資先を選ぶなら、先に知識とテクニックを身に付けることをおすすめします。

磁石があれば、藁の中の釘も安全に探しやすいのです!

株式投資を学ぶならファイナンシャルアカデミー

格安のWEB体験セミナーで、いつでも受講できます。

再生や一時停止、倍速再生などの操作ができるので自分のペースで学べますよ。

一人で調べながら悩むより、結果も早いでしょう。

徹底的にリサーチする

株式投資で利益を出すには、対象銘柄の徹底的なリサーチが欠かせません。

株価が高騰するのには、必ず理由があるからです。

リサーチした上で

「これなら上がりそうだ」

「長期保有しても大丈夫」

という判断を効率よく、できるようにしましょう。

自分の投資方法を考える

株式投資で大きな利益を掴むには、ある程度まとまった元手が必要です。

しかし、初心者がイキナリ高額資金を投入するのはリスクが大きすぎます。

そのため、自分の知識量や資金量に応じた投資方法で手堅く勝負しましょう。

調子が悪い時は「撤退」

「思い通りに収益が上がらない」といった場合、自分の考え方や投資手法を見直さなければなりません。

ただ、あまりに自分を追い詰めてしまうと投資にネガティブな感情が入ります。

「上手くいかないなぁ」と思ったら、一時的に株式投資をお休みしましょう。

時には立ち止まることも大切なので、コツコツ投資スキルを磨いてください。

まとめ

株式投資は誰でも成功できるほど甘くありません。

今回紹介した特徴に1つでも当てはまる人は、挑戦しても失敗する可能性が高いです。

投資での失敗を避けるには、成功している投資家に指導してもらうことも大切です。

成功している投資家は、それだけ多くの失敗も経験しているでしょう。

そんな人から重要な考え方や初心者がやりがちな失敗、失敗をした時の対処法などを教えてもらう。

それだけで、初歩的な失敗を未然に防げます。

たとえば・・・

初心者でも分かる負けない株取引手法

「株式投資における判断材料の見つけ方」「シンプルトレードのノウハウ」など。

まずは自分に投資した人が失敗をしません。ぜひ、抑えておきましょう。

 

 

 

初心者におすすめの株式投資の本は?

本屋では、株式投資の本がたくさん販売されています。

どの本もテーマや内容が違うので「どの本で勉強すればいいの?」と悩んでしまう初心者さんもいるでしょう。

さて、初心者におすすめの本とは、こんな本です。

めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版

この本は、株式投資を初めて間もない方や株式投資の仕組みをよく理解できていない方におすすめです。

株式投資の超基本的な内容が解説されているため、この一冊を読めば株式投資の基礎はバッチリ身に着くでしょう。

世界一やさしい株の教科書 1年生

この本も、株式投資初心者に最適な本で、

・株式投資の基礎知識

・テクニカル分析の知識

が、わかりやすく書かれています。

特にテクニカル分析については若干、踏み込んで書かれているため「脱初心者」を目指す方にもおすすめです。

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

cisさんという投資家をご存じですか?

彼は、個人投資で230億円もの大金を稼いだ敏腕投資家さんです。

SNSのフォロワーも30万人を超えています。

cisさんは、

・ヘッジは無駄

・不動産投資は罰ゲーム

という持論を持っており、持論を踏まえながら、投資に必要な知識やマインドを解説してくれています。

「投資に必要なメンタルを学びたい」 

「敏腕投資家の脳内を覗いてみたい」

と、思う方に読んでほしい一冊です。

お金は寝かせて増やしなさい

株式投資初心者におすすめなのは、様々な指標に連動するインデックス投資です。

ただ、インデックス投資も適当にやれば失敗します。

この本は、インデックス投資歴15年のベテラン投資家さんが書いた本です。

著者が15年の投資人生で得たノウハウや知識が惜しげもなく公開されています。

この本は口コミもかなり良くて、初心者でも理解しやすいと評判です。

インデックス投資でコツコツ資産を増やしていきたい人は、一度読んでみることをおすすめします。

今だからこそ始める! 本気で稼ぐ株式投資の教科書

この著者はツイッターのフォロワー数が5.5万人の「たりたり社長さん」です。

株式投資の始め方がステップ別にまとめてあり、ファンダメンタル分析の基礎がわかりやすく解説されています。

株式投資を行う上で最低限、必要になる知識がギッシリ詰まっているので、興味がある方は読んでみてください。

最新情報をチェックしよう!