株式投資は副業なるのか?禁止されない理由と注意を解説

目次

株式投資は副業なるのか?
なりません。

本業で給与所得を得ながら、株式投資を副業にしたい。そう思う人が増えています。

株式投資は副業を禁止にしている企業でも基本的に問題ありません。

副業に厳しいと言われる公務員でも株式投資をしている人がいるほどです。

今日の記事は、株式投資が副業にオススメな理由、メリットや注意点を解説します。

株式投資が副業に向いている理由

初心者さまは自分が株式投資を副業にしてやっていけるのか?気になりますよね。

大丈夫ですよ、その理由としてポイントを2つ紹介します。

副業の定義とは

まず確認しておきたいのが、副業の定義です。

副業とは、本業と別の手段で収入を得ることです。

例えば、アルバイトや在宅ビジネスは一般的な副業です。

就業規則の中に副業禁止を謳う企業は少なくありません。

副業により本業に影響が出たり情報漏洩のリスクなどにつながるのを防ぐためです。

でも、2018年に厚生労働省がモデル就業規則を改訂し、副業禁止の規定を削除したことで副業を許容する企業も増加傾向にあります。

株式投資は副業禁止の会社でも可能

副業解禁の時代である昨今でも副業を禁止にしている企業は多いでしょう。

しかし、株式投資は副業禁止の企業でも問題ないとされています。

なぜなら株式投資は資産運用であり売買によって収入を得るため、労働には該当しないからです。

そのため、ほとんどの企業は副業ではないとしています。

株式投資を副業にするメリット

株式投資の副業には、様々なメリットがあります。

本業で収入を得ているからこそ体感できるメリットも多いでしょう。続いては、株式投資を副業にするメリットを2つ紹介します。

メリット1:本業が忙しくても取引できる

株式投資の流れが掴めるようになると、数分程度の隙間時間に取引ができます。

通勤時間や休憩時間でも作業可能なので、帰宅してからパソコン画面をチェックし続ける必要もありません。

最近は、スマホやパソコンで自動的に売買できるシステムもあるため、うまく活用すれば本業が忙しい人でも問題なく副業ができるでしょう。

メリット2:株主優待サービスが受けられる

株式投資のメリットとして見逃せないのが、株式優待サービスが受けられる点です。

株主優待では、株式を発行している企業に関連するアイテムやサービスが得られます。

保有するだけで株主優待が受けられるので、売買のベストなタイミングを待つ間もメリットがあるわけです。

株式投資を副業にする際の注意点

副業として始めやすくメリットも多い株式投資ですが、しっかりと注意点を把握しておく必要があります。

正しい知識を持って株式投資をすれば、よりスムーズに稼げるようになれます。

続いて株式投資を副業にする際の注意点を2つ紹介します。

注意点1:就労規則を事前に確認しておく

基本的に、株式投資は副業とみなされません。

そのため、副業禁止となっていても株式投資に関しては問題なく始められるケースがほとんどでしょう。

しかし、業種や部署によっては株式投資が禁止されていることもあります。

例えば、金融商品を取り扱う業種では、従業員の取引はタブーです。

業務内で得た知識や情報を使って投資をすれば、インサイダー取引となり金融商品取引法に引っかかります。

社内のルール上、問題なくても法律を無視しては罰せられるので注意が必要です。

また、金融商品を取り扱うような業種に該当していない場合でも、企業によっては独自の就労規則で株式投資を禁止していることも考えられるので、事前に確認しておくようにしましょう。

就業規則に反してしまえば、懲戒処分になる可能性もあるので要注意です。

注意点2:確定申告が必要となる場合がある

OLとして企業に勤めていると、年末調整で所得税の計算が完了します。

しかも、経理担当者が手続きを行うため、個人事業主やフリーランスがするような確定申告も必要ないでしょう。

しかし、給与所得以外に年間所得の合計が20万円を超える収入があれば、確定申告をする必要があります。

株式投資の売買で得た利益も例外ではありません。

万が一、申告漏れとなれば、追徴課税がかかる可能性があるので注意が必要です。

申告期日を過ぎれば延滞金もかかるので、早めに手続きをするようにしましょう。

また、20万円以内の所得であっても、住民税に関する申告は欠かせません。

各自治体の市民税担当窓口に申告書を提出しましょう。

まとめ1

株式投資は、副業として始めやすい資産運用です。

副業を禁止している企業も資産運用という形であれば、問題ない。としているケースも多いです。

ただ、企業によって独自のルールを設けていることもあるので、株式投資を始める前に確認しておきましょう。

また、税金に関するルールもしっかりと把握した上で、スムーズに賢く株式投資を行ってください。

と、一人で調べながら悩むより、テクニックと一緒に学ぶほうが結果も早いです。

株式投資を学ぶならファイナンシャルアカデミー

ここなら格安のWEB体験セミナーもあるので、いつでも受講できます。

再生や一時停止、倍速再生などの操作ができるので、自分のペースで学習できますよ。

でも、とりあえず本で学びたい!と、おっしゃる方もいるでしょう。

そこで、株式投資を独学でも効率よく学べる本を5冊、紹介しておきます。

株式投資の始め方、まずは本で勉強?

株式は夢のある投資ですが初心者が簡単に資産を増やせるものではありません。

株式投資で資産を増やすためには、最低限の知識と実践経験が必要です。

そこで知識を伸ばしていく勉強方法と、初心者さまにオススメの本を紹介します。

イヤ、本で勉強したくない!って方は次の章までリンクしてください

ジャ~ンプ!

株式投資の勉強に本が最適な理由

まずは株式投資の勉強に本が最適な理由から。

いつでも読み返せる

本での勉強が最適な理由の1つに、「いつでも読み返せる」というのがあります。

本は購入してしまえば完全に自分の物になります。

好きなタイミング、好きな場所で何度でも読み返せます。

なので、

「この相場の時はどうするのがセオリーなのか?」

「どのタイミングで売却(買付)すればいいか?」

という疑問も解決できます。

成功者の経験が手に入る

株式投資の本は大抵、株式投資で利益を上げている投資家が書いています。

成功者の知識と経験を本なら、せいぜい2,000円もあれば吸収できます。

自由にメモできる

購入すれば完全に自分のものですから自由にメモしたり、折り込みを入れたり、色を付けたりしても良いんです!

大事なポイントを押さえていれば、実践中のカンニングペーパーにできます。

初心者におすすめの株式投資の本は?

本屋では、株式投資の本がたくさん販売されています。

どの本もテーマや内容が違うので「どの本で勉強すればいいの?」と悩んでしまう初心者さんもいるでしょう。

さて、初心者におすすめの本とは、こんな本です。

めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版

この本は、株式投資を初めて間もない方や株式投資の仕組みをよく理解できていない方におすすめです。

株式投資の超基本的な内容が解説されているため、この一冊を読めば株式投資の基礎はバッチリ身に着くでしょう。

世界一やさしい株の教科書 1年生

この本も、株式投資初心者に最適な本で、

・株式投資の基礎知識

・テクニカル分析の知識

が、わかりやすく書かれています。

特にテクニカル分析については若干、踏み込んで書かれているため「脱初心者」を目指す方にもおすすめです。

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

cisさんという投資家をご存じですか?

彼は、個人投資で230億円もの大金を稼いだ敏腕投資家さんです。

SNSのフォロワーも30万人を超えています。

cisさんは、

・ヘッジは無駄

・不動産投資は罰ゲーム

という持論を持っており、持論を踏まえながら、投資に必要な知識やマインドを解説してくれています。

「投資に必要なメンタルを学びたい」 

「敏腕投資家の脳内を覗いてみたい」

と、思う方に読んでほしい一冊です。

お金は寝かせて増やしなさい

株式投資初心者におすすめなのは、様々な指標に連動するインデックス投資です。

ただ、インデックス投資も適当にやれば失敗します。

この本は、インデックス投資歴15年のベテラン投資家さんが書いた本です。

著者が15年の投資人生で得たノウハウや知識が惜しげもなく公開されています。

この本は口コミもかなり良くて、初心者でも理解しやすいと評判です。

インデックス投資でコツコツ資産を増やしていきたい人は、一度読んでみることをおすすめします。

今だからこそ始める! 本気で稼ぐ株式投資の教科書

この著者はツイッターのフォロワー数が5.5万人の「たりたり社長さん」です。

株式投資の始め方がステップ別にまとめてあり、ファンダメンタル分析の基礎がわかりやすく解説されています。

株式投資を行う上で最低限、必要になる知識がギッシリ詰まっているので、興味がある方は読んでみてください。

株式投資の勉強を本で行う際の注意点

次に、上記以外の本で株式投資を勉強される場合の注意点をお話します。

できるだけ新しい本を購入する

株式投資のノウハウは毎年、進化しています。

「去年まで攻略法と呼ばれていた方法が、今年には使い物にならない」

といったことは頻繁にあるため、常に最新の情報を入手しなければなりません。

本で株式投資を勉強するなら、より新しい本を選んでもらいたいです。

自分のバイブルを見つけてください

そんな本を1冊、あるいは2冊に絞る。

本屋には、たくさんの株式投資本が販売されています。

中には、

「全ての書籍を読み込んでから始めよう」

と考えている方もいるようですが、おすすめしません。

なぜなら、たくさんの本を読むには時間が、かかります。

また、同じ内容でも著者によって主張が異なるので

「一体、何を頼りにすればいいの?」という状態になりやすいです。

そのため、株式投資を本で勉強する場合は、自分のバイブルとする本を2冊ほどに絞ることをおすすめします。

株式投資を本以外で効率よく勉強するには?

株式投資を本で勉強するメリットは、たくさんあります。

また、初心者向けの本もたくさん販売されているので、

「気軽に勉強したい」「自分のペースで勉強したい」

という方にも最適でしょう。

ただ、より効率的に株式投資のスキルを深めるには、本だけではなく、

・株式投資上級者
・株式投資成功者

から指導やアドバイスを受けることもオススメします。

簡単にリアルなノウハウ、注意点を知ることができます。

大きな失敗を回避して資産を増やしやすくなります。

「身近に株式投資で成功した人なんかいないよ!」
という方も多いでしょう。

でしたら「ココナラ」というクラウドソーシングサービスを利用してみてください。

ココナラには、

・株式投資で生計を立てている人

・株式投資で驚くべき利益を上げている人

ゴロゴロ登録しているので株式投資成功者から直接アドバイスをもらって投資スキルを高めることができます。

ココナラへの登録は完全無料なので是非、登録だけでもしておいてくださいね。

まとめ2

株式投資での大失敗を回避し、コツコツと資産を増やしていくためには最低限のスキルやノウハウを頭に入れた状態で投資デビューすることが大切です。

株式投資の勉強方法には様々な種類がありますが、初心者には「本」がおすすめです。

今回紹介した初心者向けの本で、少しずつ株式投資の仕組みや特徴、ノウハウが理解できるようになるでしょう。

中には、
「より効率的に勉強したい」
「リアルな情報を仕入れたい」と考えている方もいるでしょう。

ココナラというプラットフォームを利用して、株式投資成功者に相談してみることをおすすめします。

さて、株式投資について勉強方法までお話ししましたが、あなたより先に始めている人の失敗を知ることも勉強になります。

株式投資で失敗する初心者の特徴

最後に株式投資で失敗する人の特徴、失敗を避けるための考え方を紹介します。

株式投資で、よくある失敗

株式投資に挑戦する初心者さんが挫折する失敗の原因はこんな感じ。

目的がない

目的を決めずに株式投資をする初心者さんは、どうしても失敗しやすいです。

目的がないということは、
・どれくらい稼ぎたいのか
・株式投資をしてどんなメリットを得たいのか。

などを具体的にイメージすることができません。

分からない銘柄に投資をしてしまったり、高配当株と言われている銘柄を適当に選んで投資してしまったりします。

ギャンブルになっている

株式投資をギャンブルとして捉えてしまっている人は意外とたくさんいます。

自分では投資をしているつもりでも、知らないうちにギャンブルトレードになってしまっている人が多いのです。

例えば、

「もう少しで上がるはずだから、損失を確定せずに待ってみよう」

「さっきまで大きく下がっていたから、もうすぐ上がるだろうな」

「一発逆転できないかな」

ね?もう、ギャンブルトレードになってしまっています。

このような考え方で投資をすると、大やけどするので注意しましょう。

資金管理が曖昧

投資で勝つには、徹底した資金管理が必要です。

・自分の資金はどれくらい?

・許容できる損失は?

これらを常にイメージできる状態を作っておかないと、知らず知らずのうちに損失を膨らませてしまいます。

マイルールが出来上がっていない

株式投資には、正解がないため、自分のルール(正解)が必要です。

そして、その通りに投資を行うことをお勧めします。

マイルールを無視してしまうと、投資手法が定まらず利益を出しにくくなります。

一攫千金を狙っている

株式投資では、初心者でなくても一攫千金を狙うと高確率で失敗します。

時には大胆な挑戦も必要ですが、基本的には冷静かつ慎重に投資することが大切です。

投資スタイルを確立できていない

投資で利益を上げるためには、「自分のスタイル」を確立させなければなりません。

株式投資やFXには、

・スキャルピングトレード
・デイトレード
・スイングトレード
・長期トレード

という4つの投資スタイルがあり、その特徴やメリット、デメリットは違います。

自分に合ったスタイルを早く見つけることが株式投資で利益を出す近道です。

情報信者になっている

株式投資で利益を出すには、様々な情報をかき集め、その情報を基に投資判断をしなければなりません。

しかし、全ての情報が正しいわけではなく、ガセ情報も混ざっているため自分で情報を選択しなければなりません。

また、投資初心者の中には人から聞いた話を鵜呑みにしてしまう人がいます。

「あの株は儲かるよ」
「この株は間違いなよ」

このような話を聞いて、迷わずその銘柄を買ってしまった経験はないでしょうか?

株式投資は、何が起こっても自己責任なので、人からの情報を鵜呑みにするのはやめましょう。

メンタルがブレる

投資で安定した利益を上げている人、専業投資家として活動している人は、例外なくメンタルが強いです。

投資をしていると、大きな損失を抱えてしまうことや大金を投資するべきタイミングが必ず来ます。

この時に、「損をしたらどうしよう…」と考えてしまうと冷静な判断ができません。

更に大きな損失を抱えることになってしまうでしょう。

リスクを分散できていない

「卵は1つの籠に盛るな」という投資のセオリーをご存じでしょうか?

1つの銘柄に集中投資するのではなく、様々な銘柄に分散投資をしろということです。

すると、仮に1つの銘柄が値下がりしても他の銘柄で損失をカバーできるので効率的に利益を上げやすくなります。

損切りをしない

損切りをしない投資家は比較的たくさんいます。

断言してしまいますが、損切りができない投資家は長期的にみると必ず負けます。

投資の世界では、
・100%・確実・必ず・絶対という言葉が存在しません。

どれだけ丁寧に分析しても予想と反する動きを見せることがあります。

そのような時にすぐ損切りできないと、どんどん損失が膨らんで後戻りできない状態になってしまうでしょう。

よく知らない商品に投資している

投資の神様「ウォーレンバフェット」は、自分の知らない企業や商品には絶対に投資しません。

その理由は非常にシンプルで、「よくわからないから」だそうです。

一見当たり前の話に聞こえますが、自分の知らない企業の株を「儲かりそうだから」という理由で買ってしまっている初心者はたくさんいます。

これでは正しい投資タイミングを把握できないし損切りのタイミングを見計らうこともできません。

最初のうちは自分の知っている銘柄のみに絞って投資していきましょう。

投資での失敗を避けるための考え方とは?

最後に、投資での失敗を避ける考え方を解説します。

投資商品を徹底的にリサーチする

株式投資で利益を出すためには、対象銘柄を徹底的にリサーチすることが大切です。

株式投資の仕組みとして高騰する銘柄には高騰する理由が必ずあります。

まず、
投資したいと考えている銘柄を徹底的にリサーチします。

「これなら上がりそうだ」「この株は長期保有しても大丈夫そうだな」と判断できた段階で、購入しましょう。

身の丈に合った投資方法を考える

株式投資で大きな利益を掴むには、ある程度まとまった元手が必要です。

しかし、初心者がイキナリ高額資金を投入するのはリスクが大きすぎます。

そのため、自分の知識量や資金量に応じた、投資方法をするべきです。

どうしても調子が悪い時は「一時撤退」

「思い通りに収益が上がらない」と悩む初心者投資家はたくさんいるでしょう。

このような場合は、原因を正しく解明して、自分の考え方や投資手法を見直さなければなりません。

ただ、あまりにも自分を追い詰めてしまうと投資にネガティブな感情が入ります。

「もう限界だ」と思ったら、一時的に株式投資をお休みしてみてください。

時には立ち止まること、後ろを振り返ることも大切です。

自分を追い詰めず、コツコツ投資スキルを磨きましょう。

まとめ3

株式投資は誰でも成功できるほど甘くありません。

今回紹介した特徴に1つでも当てはまる人は、挑戦しても失敗する可能性が高いです。

投資での失敗を避けるには、成功している投資家に指導してもらうことも大切です。

成功している投資家は、それだけ多くの失敗も経験しているでしょう。

そんな人から重要な考え方や初心者がやりがちな失敗、失敗をした時の対処法などを教えてもらう。

それだけで、初歩的な失敗を未然に防げます。

たとえば・・・

初心者でも分かる負けない株取引手法

「株式投資における判断材料の見つけ方」「シンプルトレードのノウハウ」など。

まずは自分に投資した人が失敗をしません。ぜひ、抑えておきましょう。

最新情報をチェックしよう!