にぽりのプロフィール

  • 2021年5月23日
  • 2021年9月5日
  • 未分類
  • 17view
  • 0件

自由とお金を手に入れても幸せになれなかった話。

『ありがとう、ございます。』

はじめまして、

にぽりと申します。

★バツイチ子なし、親族なし、犬あり(笑)

★良いとこ:他人に優しい

★悪いとこ:自分に優しい

ネットビジネス歴15年以上!
の前は普通の営業マン…。

2000年代、躓き

ある企業の東京営業所に努めておりました。
当時も景気が良いとは言えず、ある日・・・。

会社からこう問われました。
「本社くる?東京で頑張る?」

これは待遇悪いけど九州本社にくる?
東京営業所は閉鎖するけど退職する?

という意味です。

今より事業縮小やリストラがあからさまだった時代です
子供を転校させられず単身赴任する人も多かった。

で、33歳の私はというと、辞めてやりました!

どうせ都から撤退する企業に未来はないし、
付き合ってた彼女と別れたくなかった(笑)。

これが転落の始まり。

ストレスで胃が破れそう

勢いはあっても中年だし大変。
一応、小さなコンサル会社へ。

転職できても足元を見られて
ホワイトもブラック化します。

しかたありません・・・。
「キレるな俺、頑張れ!」

その頃、ネットではブログの量産戦略が流行っていました。
無料ブログをたくさん作って主力サイトに被リンクを送る。

そんな、安易なSEOを私もやってました。
疲れて帰宅してからは無理なので
早く寝て3時に起きて書きまくり。

でも義務的に何かをするのは苦痛ですね。
結局、長続きせず稼げもしなかったです。

転落がとまらない

さて、ブラック企業を脱したいけど
ネットも鳴かず飛ばずで成果がない。

そんな先の見えない暮らしが続くと、
人って病みますね30代後半までには!
と、勝手に四捨五入して余計に焦って、
夜は寝れず散歩していました。

サラリーマンなんて、自立しているようで
会社に生かされていただけと思い知らされます。

頭から離れない将来不安…

俺が何か悪いことしたか…

やってらんないこの人生…

で、大失敗をします。

ある投資話にハマって100万、捨てた。

それを取り戻すために300万、使った。

その結果は虚しく借金200万、残った。

つける薬も貯金もありません

普通にクズ認定されるレベルでしょう?
さすがに彼女へ別れ話を切り出します。

もう、ラクになりたかった…。

しかし、まさかの逆プロポーズ
一生、頭が上がらなくなった。

2010年代、落ち

結局、物価の安い田舎(和歌山)へ。
再起を図るため私達は都を落ちた。

自分の故郷とはいえ我慢も必要です。
関東と違い、常識が・・ね?・・・。

父は私が退職する前に他界しています。
母も再婚してとっくに家を出ています。
私達は父が残した家で暮らすことに。

その頃、世間ではSNSが流行り出しました。
動画を撮って、「いいね」集めて、呟いて。

私はその頃、せどりにハマっていました。
もちろん早く借金返したいから趣味ではない。

はじめは「安く買って高く売る」方向で
夢のような商品を探していたけど
安く買えるのに高く売れる価値があるの?

↑その疑問の答えがこれ↓

一定数でも確実に需要のある商品を探し
相場を作れば利益を乗せても売れる

そんなジャンルを3つ発見!

同時にインフォトップを駆使して執筆業を開始。
5記事セットで7500円(1記事500文字 )
今じゃ信じられない高額ですが普通でした。

そんなある日、
母からこんな話が「親戚の店を手伝え」
まあ、母の再婚相手は本当にいい人で
彼に負担をかけたくないし、やるか!
と、かる~く引き受けたのが大失敗!

記事は携帯で書いて自宅にメールで送り、
アフィリエイター向けコンサルも始めた。

そんな生活が約10年続き、

その間、昔はなかったSEO関連の資格をとったり
理由はお話しできませんが離婚したり

生きる理由を失くして

他人のブログを見る気もせず
他人の記事を書くこともなく

毎日、酒飲んでいました

家を出るとき鍵を掛け忘れたりして・・・。
自分で鍵を掛けたことがなかったと気付く(笑)

恋愛する気もなければ野望もない生きてるだけゾンビ。

でも『アテナのペン』の通り
働かなくても金に困りません。

かつて夢みた自由な時間と不労所得。
手に入れてみれば、ゆえに心不自由。

ココナラを知ったのは、そんな頃。
このサイトシステムは攻略しやすい。

しかし、昇格する出品者と
挫折する出品者がいるため
ココナラ自体が成長します

それが真の攻略課題。

そのため
1度、プラチナランクになれた人も
簡単に2度なれるほど甘くないです。

私もテストを繰り返しデータを集めて、
ようやく極めたのが『プラチナ養成書』です。

昭和男にココナラは面白い。

ココナラは顔の見えないオンライン取引。
だからこそ、生きた声が頂戴できます。

爪跡も残せそうな良い趣味を見つけた!
と、ココナラにハマっていたある日・・・

2020年代、沈む

ガンを発症しました^^;

ついでに肝臓にも治療が必要らしくて
内科と泌尿器科の掛け持ち患者です(笑)

「癌と診断されたときはショックでした。」
というどこか他人事だったCMが頭に浮かぶ

「今の時代、治るよ」という人もいるけど
癌の大変さは術後の生活が変わることです。

にぽりはお勤めしていませんが、若ければ
出世コースから外れ、結婚やローンも無理。

そこは縁のない私でも力と体力は半分。
定期検査のたびに一喜一憂しています。

あり得ないところで腕時計が回るし
ドロボーがいても走って追えません。

一喜一憂の理由

宇宙(そら)君

11年、毎日かわいい

何をしてもしなくても可愛い!

入院に限らず事故もです。いまさら責任を思い知ります。
事情もわからず預けられて…。

一人暮らしの方は、どうか!
「体を大事にしてください」

と、ダラダラ長いにもほどがあるプロフィールを終わります。

そんな私が遺書のつもりで書いた出し惜しみのない情報にご興味あればどうぞ(↓)